MT-01に乗れるという贅沢

バイクに乗れるということはなんと贅沢なことなのかと最近良く思う。
これは、バイクを所有する経済力があるとか、時間があるとかそういうことではなく、バイクに乗れる身体を所有しているということである。特にMT-01は。

車の場合、殆どの健常者は運転できるし、足がないとか片腕がないとかという程度の身体障害者でも運転できる。
しかし、バイクの場合、足がなければまたがることも出来ないし、足首が動かなければブレーキも踏めないし、ギアも変えられない。
腕がなければ、ハンドルも握れないし、ブレーキもクラッチも操作できない。腕だけでなく、指がないだけで、ブレーキやクラッチレバーは握れない。
しかも、五体満足揃っていても、MT-01の場合、身長が低ければ足が届かないし、ある程度の筋力がないと取り回しができない。つまり、MT-01に乗れるということは人間の中でも身体的に超エリートでなければ乗ることができないのである。
これは、とても奇跡的なことで、MT-01に乗れるということを心から感謝している。
何に?神様?両親?自分自身?全部かな。
神様や、両親には、超エリートな身体を与えてくれて感謝!
自分自身には、MT-01に乗るまで超エリートな身体を維持したことに感謝!
これからも、MT-01に乗り続けることが出来るように、超エリート身体を維持し続けるぞ!!
[PR]
by cillow | 2006-11-07 00:16 | MT-01 | Comments(3)
Commented by sano-y at 2006-11-07 11:01 x
あるところでめっかっちゃったsano-yです。
そうか~。オレって超エリートだったんだ。
でも、普段はなかなかこういう気持ちって忘れちゃってますね。
パーツが来ないとヤキモキしてるのも実はすごく幸せなことなんだと自分に言い聞かせます。(苦笑)
Commented by olnlc1 at 2006-11-07 12:21
あー、分かります、パーツ待ち状態。笑

僕も右足首を3年前に脱臼&頚骨2箇所骨折して超合金になったことあるので、よーーーっく分かります。ちなみにサッカーでの怪我です。
ハンディキャップのある方もバイクを改造して乗られてたりしますよね。東海の暴れん坊で有名な水谷選手(今も現役!)が関連するイベントを開催したりしてますよね。
色々想いはありますが、バイク・家族などなど諸々含めて、感謝の気持ちはとても大切だな~と改めて考えさせられました!ありがとうございました♪
Commented by cillow at 2006-11-08 00:20
若造の戯言にコメントいただき、感謝です!!
身体のことばかりでなく、自分の今の状況において上を見ても、下を見てもきりがないことですが、今の状況に感謝して更に上を目指す気持ちを持ち続けたいです。
<< 今週末の予定 フルフェイスヘルメット >>